体圧分散,マットレス,福祉用具

トップページ 福祉用具として体圧分散マットレスを選ぶ際のポイント

福祉用具として体圧分散マットレスを選ぶ際のポイント


寝たきりの方や、病床でずっと横になっている時間が長い方など、ベッドに同じ姿勢で居続けることがあります。その場合、寝返りなどが打てず、結果として床ずれなどを招くことになります。そのため、福祉用具として体圧分散マットレスを使用することでこうした床ずれなどを防ぐ狙いがあります。特に、一日の大半をベッドで過ごすような方はこうしたものを利用することが薦められています。


体圧分散マットレスにはいくつかの必要な特性があります。圧力の切り替えや、ずれ力対策、生活動作を行う際の安定性および安全性、蒸れや冷えの対策など色々考えないといけません。特にずれ力対策は必須ともいえます。ずれ力とは、ベッドを上げる際や介護する方を抱える際などに身体を引っ張る時に今まで地面と接着していた皮膚部分が摩擦を起こし、それをきっかけに床ずれを起こす元となる力を表します。介護の際、こうしたずれ力対策は必ず考えないといけませんし、なるべく床ずれを起こさない技術というのもありますが、体圧分散マットレスを使えば、こうしたリスクをある程度抑えることができるため、福祉用具として採用されています。


選ぶ際のポイントとしては、こうしたずれ力対策を中心に選んでいきましょう。一方で、介護する側に立ったもので選ぶ視点も大切です。布団からベッドに移す時、もしくはベッドから車いすに移動させる時は大変神経を使います。立ちあがりやすいマットレスなどがこの場合、とても使いやすいとされています。具体的に言えば、寝る部分はとても柔らかく、その周囲は硬くしてあり、座る時でも安定感を生むタイプが使い勝手がいいものとなっています。沈み込みが少ない分、立ちあがる時も簡単に立ちあがることができるのもメリットとされています。


マットレスを変えるだけで全ての床ずれが解決されるわけではありませんが、防ぐことのできるものはある程度防ぐことができます。


マットレスを使用する人がどのような状態かに合わせて選んでいくようにしましょう。